鳶職で危険なのはどんな場面?シーン別の対策方法を解説!

元鳶職経営者ゆるぽわだ。

今回は鳶職の危険な場面について話していく。

ゆるぽわ.

 

わかること
  • どんな時に危険?
  • シーン別の対策方法

 

鳶職は常に危険と隣り合わせの職業だ。

 

でも事前に、どんな時に危ないのか把握しておけば、少しでも危険を減らすことができる。

 

この記事ではそんな危険になりやすい状況での対処方法を書いたぞ。

 

危険に対して、意識が低いと感じてるやつは、ぜひ見てくれ。

 

鳶職の危険ポイントと対策、行くぞ!

 

鳶職でとくに危険な場面

 

足場に慣れてきた時期

足場に慣れてきた時期は最も危険だ。

 

俺ふくめ、今までの経験で最も転落率が高いのが、自分は大丈夫、という慢心だ。

 

どんな足場でも絶対大丈夫。ということはない。

 

これだけは常に頭に入れておくこと。

 

危険な職業ほど、自分の慢心を疑うことが大事だ。

 

そんな時に特に大事なのが声出し。

 

最近は住民のクレームを恐れて、声を小さくしてくれって現場もあったりするけど、私語・罵声・怒声じゃなければ声はデカい方がいい。

 

工事現場は風の音、車の音、人の音、重機や機械音がうるさい現場もある。

 

万が一、相手に聞こえなくて事故につながるより、上から怒られた方がいいだろ?

 

というか、正当な理由があるなら、しっかり反論してOKだぞ!

 

だからしっかり声を出すこと。

これは仕事のレベルにかかわらず出来る事。

 

仲間が危ない作業をしたときも、しっかり声出して注意する事。

 

これが大事だ。

 

足場慣れの対策法

慣れてきたときほど、確認をしっかりする。

声出し、指さし呼称をする。

 

雨天・雪など悪天候

雨天・積雪など、悪天候は特に危ないぞ。

 

まあ言われなくてもわかるだろうけど、滑る。

 

足もすべるし、手もすべる。

 

雨の日の対策はとにかく慎重に行動する事。

 

もともと進みが悪い雨だってわかってて、職長がやらしてるんだから、焦る必要はない。

 

それでも急かされるようなら、クソな会社だから今すぐやめろ。

 

死んだら負けだぞ。

 

それから積雪。

 

これは俺もあまり体験してないけど、しっかり雪かきをしてから作業するのが大事だ。

 

雪かきなしで、いきなり作業する奴もいるけど、本当に危ないから、これも焦らずにやる。

 

雨でも雪でも、革手袋は濡れると滑るから、雨用として常にゴム手袋を持っておくと安心だ。

 

俺が愛用してたのはこれ。

 

他にももっといいのあるけど、このゴム手はコンビニでも売ってるし、忘れた時にも買えるから一番使ってた。

 

サイズはデカいと使いづらいから、少しキツめに使うのがおすすめだ。

 

ちなみに俺はMを使ってた。

悪天時の対策法

手足元注意、安全帯の着用、ゴム手袋を使う

 

疲れてるとき・夏場

疲れてる時は思考能力が低下する。

 

そして夏。

夏の猛暑は以上に体力を奪われる。

 

同時に思考も停止する。

 

危ないよな。

 

じゃあどうするか。

 

できることは、疲れないようにすること。

 

ここでは、速効性があって、効果もそこそこの疲れない方法を4つ紹介する。

 

と言っても、慣れない仕事をいきなりラクにするような、裏技はないからな。

 

  1. 筋肉をつける
  2. サプリで補う
  3. 水分をしっかりとる
  4. 規則正しい生活

 

1.筋肉をつける

筋肉をつけるのは、鳶職において最も大事なことの一つだ。

 

筋肉がつけば仕事にも余裕が出る。

 

余裕が出れば、他の人の仕事も観れる。

 

他が観れるということは全体も観れる。

 

全体が見えれば、現場の流れがわかる。

 

だから成長も早くなる。

 

ガツガツやってる奴には、任せてみたくなる、っていう付属効果もあるぞ!

 

だから鳶職の筋肉は必須項目。

 

夏場も筋肉がない奴は着いていけなくなるぞ。

 

夏以外のシーズンで、今の会社がツライ!って感じるなら、

今のままなら、100%その会社の夏は越せない。

 

夏までに筋トレ+プロテインとかできることガッツリやって、基礎体力つけとけよ。

 

じゃないと夏にばっくれることになるぞ。笑

(冗談抜きだ。「大丈夫です!自分気合入ってます!」とか言って辞めてったヤンキーども何人も見てるからな)

 

嫌なら、プロテインでガンガン筋肉つけろよ!

 

2.プロテインサプリで補う

プロテインだ。

 

筋肉をつけるためのプロテインもそうだけど、ここでいうプロテインは少し違う。

 

筋肉をつけるためのものじゃなくて、筋肉を疲れさせないためのプロテインだ。

 

主に筋肉のリカバリーに作用してくれるから、長時間の作業でも疲れにくくなる。

 

まあぶっちゃけ、チートサプリだな。

 

HMBって言って、持ち運びできる。リカバリーサプリだ。

 

HMB極ボディが吸収効率を上げるアルギニン高配合で効果が高いぞ。

 

夏でも多少、体力が長く持つ。

 

初回500円だから、とりあえず買っとけ。

 

HMB極

 

3.水分補給をしっかりする

水分が足りてないと、疲れがたまるのがかなり早くなるんだ。

 

だから、水分は夏以外でもこまめにとるようにしろよ。

 

もしかして、ファンタとかコーラみたいなジュース飲んでねえよな?

 

基本はミネラル豊富で、体をクールダウンさせる、麦茶が一番いいぞ。

 

おすすめは断然、鶴瓶だ。

デカイのを買って、毎日1本持っていくと経済的だぞ。

 

MEMO

飲むときは常温の方がいいぞ。冷たいと体が底冷えして逆に疲労がたまる。

慣れてないと常温は気持ち悪いが、なるべく常温に近い状態で飲むんだ。

 

麦茶だけだと塩分がないので、塩を持ってくか、朝いく前に2Lに対して塩ひとつまみペットボトルに入れておくといい。

(必ず天日塩にしろよ!)

 

俺のおすすめの塩はこれだ。

天日塩でも製法によってバッタもんとかあるんだけど、これは大丈夫。

(買うなら赤ラベル。それ以外はダメだ)

 

そして美味い。

これを麦茶に入れると本当に甘くなる。

 

美味しいぞ〜

 

この塩はめちゃ美味いから家庭でも使ってるぞ!

 

塩おにぎりとか別格で上手くなるから是非試してくれ。

 

その代わり高い。

 

夏場はこれに加えて、梅干しを持っていくと良い。

 

梅干しのおすすめは、白干し梅(しらぼし)・しそ漬け梅だ。

 

梅干しは物によって、味が全く違うから、各自で試してくれ。

 

お気に入りの梅干しが見つかるとすごく嬉しいぞ!

 

4.規則正しい生活

職人って、これが一番できてないんだよな。

 

俺も若い頃は週7で酔っ払って仕事行ってたから、気持ちわかるんだけどさ…

 

やっぱり睡眠ちゃんと取って、体の栄養になるもの食べて、しっかり心身を休めることって大事だ。

 

まあ若いときは少し無理して仕事行ってた方が、いいのかもしれないけどな。

 

若いうちから規則正しい生活してると、ちょっと飲みいくと次の日仕事行けないって友達多いから。

 

そういう意味で、酒は体力づくりの一環かもな。笑

 

今キツイって奴は、キツイ時期だけでも、飲みを我慢して、プロテイン飲んで、よく寝る。

 

これだけでだいぶ、強くなる。

 

仕事が楽になってきたら、その分家で筋トレすれば、倍速でパワーアップするぞ。

 

疲れてるとき・夏場の対策法

筋肉をつける

サプリで補う

水分をしっかりとる

規則正しい生活

 

先輩と同じところなら大丈夫だろう

「先輩と同じとこなら平気だろ」

これが落とし穴。

 

なんで安全かわからず、先輩と同じ道を歩くのは危険だからやめとけ。

 

ベテランの鳶職は本当に危険なところでも歩いて行くときがある。

 

今はこんな危険な鳶職は少ないだろうが、俺がその類いだ。

 

普通は歩けないけど、重心をずらせば歩けるみたいな場面。

 

俺が歩いた後にベテラン下請けが歩いたら落下してたよ。笑

(3段目だったから打撲だ)

 

3段目だから笑い事だけど、これが5階、6階だったらどうだ?

痛いじゃ済まないよな。

 

だから、まず恐怖心を持って、必ず自分の頭で理解する。

これが大事だ。

 

足場の上を走れるからすごいんじゃない。

 

安全だとわかった上で足場の上を走るからすごいんだ。

 

同じようだけど、全く違うからな。

足場に乗る時は、自分の頭で安全か考える。

安全度を人を基準にしちゃダメ。

 

危険は未然に回避できる

危険はあらかじめ対策しておけば、未然に解決できる。

 

だから、常に問題点はどこか?どこが危険なのか?考えるクセが必要だ。

 

職人でも、他の職でも、伸びるやつは例外なく質問力が高い。

 

自分に対して、疑問という名の質問を問いかけられることだ。

 

お前も常に自分に質問してみてくれ。

 

どこが安全なのか?なぜ安全なのか?

 

常に考えることで、危険は回避できるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA