未分類

【徹底検証】UlyssesからWord Pressログイン・投稿できないので調査

いつもやっていたUlyssesからのWord Press投稿ができなくなっていました。

 

というか、ログインできなくなっていたので、備忘録です。

 

自分用のメモをそのままシェアします。もしかしたら特殊な条件の人には役立つかも…

備忘録としてのメモをシェア

 
 
Mac再起動したら、別ブログもログインできなくなっててわけわかんなかった。
 
昨日Ulyssesカスタマイザーサポートに連絡して、返信があった。
Re: Ulysses for Mac: Support Request
 

この問題は、WordPressプロバイダがXML-RPC要求を処理する方法に関連している可能性があります。 このインターフェースは、あなたのブログ投稿をWordPressに公開するためにUlyssesによって必要とされます。 私たちのテストツールを使ってあなたのブログのxmlrpc.phpに手動でアクセスしようとすると、次のエラーメッセージが出ます。
 
 
xmlrpc.phpに関する制限を解除できるかどうか、プロバイダに確認してください。
 
別の選択肢は、あなたがこれらの種類の問題を回避するためにプラグイン“ Rename XMLRPC”を使用できるかどうかをチェックすることです。 プラグインを使用すると、エンドポイントの名前を変更してプロバイダによってフィルタ処理されないようにすることができます。

 
どうやらこっちの問題で、XML-RPCで弾かれてるみたい。
エックスサーバー 側は一応全部試してみたから、プラグインと睨み全て検証することにする。
 
幸いすぐに見つかった。
悪さしてたのはこいつ。
Google Captcha (reCAPTCHA) by BestWebSoft
こいつが弾いているみたいで管理者権限をつけられるかやってみた。
 
調べると3つ方法がありそうだ。
 
  • ホワイトリストを使う
  • 別の代替プラグインに変える
  • 弾くページを書き換える?
 
ホワイトリストは「Google Captcha (reCAPTCHA) by BestWebSoft」内に管理者権限のようなものを付けることで回避する方法。
手っ取り早く検証できるし改善できればこのまま使いたいから、これから試すことにする。
 
代替プラグインは「WordPress ReCaptcha Integration」(見たら更新が1年前)。
 
Google Captcha (reCAPTCHA)と同じような挙動でロボット回避ができるけど、こっちのプラグインだと干渉しないで使えたという記事を見かけた。
 
 
プラグイン自体が更新されるかわからないし、使えるならリキャプチャの方を使いたい。
 
ページ書き換えのプラグインは、メールに記載してあった「Rename XMLRPC」
プラグインは増やしたくないので却下

ホワイトリストは自分のIPアドレスをホワイトリストに登録するだけ。
場所がいまいちわからなかったので探しちゃったけど、ここ
 
 
 

ホワイトリストはaddnewで押したら左上の方に出てくる、IP to Whitelistの下にあるMy IPをクリックすると自動で今使ってるデバイスのIPが入力される。
あとはAdd IP to Whitelistをクリックして終了。
 
俺はこれでできた。
 
ってことで無事Ulyssesログイン可能に。
副業屋もこのタイミングでリキャプチャを導入していたからそれが原因のはず。
 

ちなみに
サイトガードWP plug-inを一度停止して有効化したら、設定が初期化されてた。
再設定するのを忘れずに。
サイトガードの現時点の設定はこれ。
 

 
無事完了。
 
 
 
 
ABOUT ME
mori
mori
元とび職:足場屋経営。 30代前半。 バリバリブラック企業で下積み後、23際の時に独立。 現在はプロライター、プログラマーに。 建築業界の転職や給料などのお金の話を具体的にします。若い子の転職支援ができれば。